【わがまま?自己中?自己憐憫?】セルフコンパッションとの違いって何?をまとめてみた!

ちょくお

前回に引き続き、「セルフコンパッション」について、学習しましょう

前回はこちら

セルフコンパッション簡易チェックリスト!

 

ことり

今回は、セルフコンパッションとわがままなどとの違いですね

ちょくお

今回の内容もこちらの書籍から、学びました

この記事をオススメしたい人!

1.わがままとセルフコンパッションの違いって何?な人

2.セルフコンパッション=ただ単に自分に甘いだけになりそうで不安な人

この記事の結論!

1.わがままとの違いは、努力の要素が含まれているかどうか!

2.自己憐憫との違いは、人生がどうすることもできないものと考えているかどうか!

3.自己中心的な人との違いは、他者との比較で自分の価値を測定しないかどうか!

スポンサードサーチ

1.わがままとの違いは、努力の要素が含まれているかどうか!

ちょくお

まずはわがままの用語の意味を調べてみましょう

1.過度または無制限に自分の欲求、望み、気まぐれを満たそうとすること

2.自分の思うままにすること

ちょくお

これらを踏まえて、デズモンド博士はこのように述べています

1.総じて、自分自身や社会を有意義に変えていくための努力をしたがらない

2.セルフコンパッションを正しく実践していれば、自分の置かれた状況を良くするための努力は怠らない

3.なぜなら、今のままの自分が愛すべき存在であると同時に、成長して人生を良くすることに価値があるからと思えているから

4.つまりセルフコンパッションには、自然と努力の要素が含まれる

ことり

今の自分を受け入れて、自分の成長を願っている姿勢ってことですね

ちょくお

ちなみに、「休んでそのままでいるのが必要なときにはそうできるようにすることも含まれる」と、デズモンド博士は述べています

ことり

疲れを感じて休んでいるときも、セルフコンパッションに含まれるんですね

2.自己憐憫との違いは、人生がどうすることもできないものと考えているかどうか!

ちょくお

次に自己憐憫を見てみましょう

1.自己憐憫とは、自分しか見えていない状態で、抱えている問題を過度に不幸を感じていること

2.人生がどうすることもできず、自分はいつも犠牲者で、運命に逆らえないと考えていること

ことり

絶望感満載って感じです

ちょくお

これに対し、デズモンド博士は、

1.セルフコンパッションを実践できていると、自分には大きなことを成し遂げる力があると、思うことができる

2.自分には強みも弱みもあり、望めば新しい力を身につけられるということを、知っている。

ことり

自分が変わっていくことができるって、信じることができていますね

ちょくお

別のテーマになりますが、「しなやかなマインドセット」「成長マインドセット」と言われるものと、共通しています


ちょくお

「しなやかなマインドセット」「成長マインドセット」については、こちらの書籍に詳しく記載されています

ことり

こちらもあわせて読みたい一冊ですね

スポンサードサーチ

3.自己中心的な人との違いは、他者との比較で自分の価値を測定しないかどうか!

ちょくお

最後にいわゆる「自己中」を見てましょう

1.他の人と比べて、自分のほうが優れていると考えること

2.自分のニーズしか見えない状態で、他の人に何かをしてもらったりすること

ことり

他の人の助けを借りるのは大事ですが、自分のニーズしか見えないのは注意が必要ですね

ちょくお

これに対し、デズモンド博士は

1.セルフコンパッションは、自分だけでなく、すべての人が幸せであることに価値を感じること

2.このように考えると、自分の欲求を大切なものとして優先したとしても、自己中心的に振舞っていることにはならない

ことり

わがままや自己憐憫に比べると、ちょっと難しいですね

ちょくお

そうですね。いきなり周囲の人の幸せに価値を感じる!といっても、イメージが湧きにくいかもしれません

ちょくお

こういったイメージを高めるためには、瞑想方法の一種「慈悲のプラクティス」が有効とされます

ことり

Google社が社員研修として導入しているものですね

ちょくお

慈悲のプラクティスについては、また別の記事で勉強しましょう

この記事のまとめ!

1.セルフコンパッションには、自然と努力の要素が含まれる!自分の成長を願おう!でも休む時は休んでもよし!

2.自分には大きな力があり、望めば新しい力を身につけることもできる!しなやかに成長するマインド!

3.周囲の人の幸せに価値を感じることができればパーフェクト!そこに気をつければ、自己中は防ぐことができる!

ちょくお

次回は、実践編その1として「ボディスキャン」の実践をしてみましょう

ことり

いよいよ実践編ですね。ゆっくり休んで、次回またお会いしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です