【腸内環境整えてメンタル改善!!】実践的セルフコンパッション~食事編~

ちょくお

自分に厳しくしないメンタル改善法「セルフコンパッション」番外編です

ことり

セルフコンパッションについてはこちらをご覧ください!

完璧主義のデメリット&それを抜け出すセルフコンパッション!

自尊心は低くても大丈夫!

セルフコンパッション向上法3選!

あなたのコンパッション度はどのくらい?チェックリストで確認!

わがまま&自己中&自己憐憫VSセルフコンパッション!比較してみた!

実践編その1!ボディスキャンをしてみよう!

実践編その2!セルフアクセプタンスってなんだ?

実践編その3!好きなキャラからの優しいメッセージ!

実践編その4!過去の傷に優しく寄り添って癒してあげよう!

実践編その5!過去の傷をさらに深く探る!

実践編その6!コンパッションが難しいとき!

実践編その7!自然なコンパッション!

実践編その8!喜びを育む!

ちょくお

セルフコンパッションメソッドは全て説明を終了しましたが、実はティム・デズモンド博士の著書には続きがあります

ことり

今回は、セルフコンパッションをより高める食生活をご紹介します

この記事をおすすめする人!

1.セルフコンパッションメソッドは理解できた!でももっと失敗を恐れずチャレンジできるメンタルを身につけたい!
2.日頃の食生活が乱れて、それが原因で自己批判に陥っている人!

この記事の結論!


1.やっぱり野菜!その中でも特にベリー系は腸内環境を整える点でもオススメ!
2.砂糖、カフェイン、アルコールは腸内環境を悪化させ、メンタルにも悪影響!飲むなら無糖のココアがオススメ!

スポンサードサーチ

1.やっぱり野菜!その中でも特にベリー系は腸内環境を整える点でもオススメ!

ちょくお

まずは野菜、これは当然すぎて面白みがないかもしれません

ことり

ベリー系がその中でもオススメなんですか?

ちょくお

ティム・デズモンド博士は以下のようにおっしゃってます

1.ビタミンが不足すると、本来精神的に安定している人たちでも心の健康に関わる問題を、引き起こす

2.大切な栄養素の多くはマルチビタミンサプリメントに含まれていない

3.ビタミン剤を飲むだけでは、自然食品を食べると摂れる栄養素を、十分に摂れない

4.果物やベリー系は重要な栄養素で、健康のバランスを保つのを助ける

ことり

ベリーというと、冷凍だったりドライフルーツだったりいろいろ種類ありますよね

ちょくお

私の場合、コンビニやドラッグストアで冷凍のベリーを買って、デザート替わりに食べています

ことり

ドライフルーツでもいいんですか?

ちょくお

それが、あまりおすすめができないんですね。
ドライフルーツは生の果物に比べて、平均で約8倍の糖質を含んでいます

ちょくお

果物の甘味の果糖は、摂取しすぎると次のようなデメリットがあります

1.老化のスピードを速めやすい

2.肝臓へのダメージを与える

3.尿酸値をあげる

ことり

どのくらいが適切な量なんですか?

ちょくお

一日の摂取目安は、15~25グラムとされています

ちょくお

ブルーベリーは100グラムあたり3.7グラム含まれています

ちょくお

コンビニなどで販売されている冷凍ブルーベリーは200~300グラムが多いので、そのぐらいの量なら許容範囲ですね

ことり

でも、ドライフルーツになるとそれが一気に8倍になってしまうんですね

ちょくお

個人的にドライフルーツはやめられない止まらない状態になって、気が付くとひと袋食べてしまうこともあるので、あまりオススメはできないです

2.砂糖、カフェイン、アルコールは腸内環境を悪化させ、メンタルにも悪影響!飲むなら無糖のココアがオススメ!

ちょくお

続いて避けたいのが、砂糖、アルコールです

ことり

これはなんとなくイメージで良くない!ってわかりますね

ちょくお

まず砂糖については、次のようなデメリットがあります

1.摂取しすぎると、ビタミンCの吸収が阻害され、肌荒れなどにつながる

2.砂糖を大量に摂取すると、ビタミンDを作る酵素が減ってしまい、抑うつになりやすい

3.砂糖の影響で、ビタミンDが減ってしまうと、身体がカルシウムを使えなくなってしまう

4.砂糖の代謝のためにマグネシウムが消費される(マグネシウムは、免疫系の改善、骨を強くする作用、タンパク質やDNAの合成、神経系の改善、筋力アップなど重要なミネラル)

ことり

いろいろな栄養素の邪魔をしてしまってますね

ちょくお

お次にアルコールです

1.アルコールは腸内環境内の、毒性の強い細菌を増やす

2.その結果、毒素が体内に溜まる

3.さらにバクテリアと腸内細胞によってアルコールが代謝されると、アセトアルデヒドの増加が発生し、腸内の壁に穴があく「リーキーガットシンドローム」を引き起こす

ことり

酒は百薬の長!って言われているのに意外です

ちょくお

ワインにはポリフェノールが含まれているので、腸内細菌のエサになるメリットはあります

ことり

それでも、飲み過ぎはやはり控えたいですね

ちょくお

腸内環境を整える=メンタル改善につながるということで、今回は無糖のココアを紹介します

ちょくお

私が実際に使用しているココアパウダーです

良い点
1.なにより安い
2.味もまぁまぁ

悪い点
1.袋詰めでちょっと使いにくい(手が汚れる)
2.たまに塊が出てくる

ことり

お値段も安い分、味などにこだわらない人向けといえますね

この記事のまとめ!

1.野菜&野菜で腸内環境を整えよう!オススメはベリー系!だけど、ドライフルーツにされているものは避けたほうが無難!

2.砂糖とアルコールはデメリットの方が大きい!甘いものが欲しかったら、やっぱりベリー系!アルコールならワインがオススメだけど、飲みすぎに注意!

ことり

今回もこちらの書籍から、学習しました

ちょくお

お値段の割に良書なので、自信をもっておすすめできる一冊です

ちょくお

今回は食生活でメンタルを改善する方法をご紹介しました

ことり

けっきょく「腸内環境を整える」に終始しましたね

ちょくお

腸内環境を整える=メンタルが改善する!というデータがありまして・・・

ちょくお

こちらの通称「パレオさん」が書かれた本が非常に良書となっております

ことり

筆者がパレオダイエットを2018年9月から実施したレビューは、こちらです

【外食OK!難しいレシピ不要!】パレオダイエットの効果!10ヶ月レビュー!

ちょくお

そのあたりもまた記事に起こしましょう

ことり

最後までお付き合いいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です