【費用が倍かかる!?】ヒゲ脱毛の失敗例!【効果が出るまで10回以上!】

ちょくお

みなさんこんにちは、アンチエイジング大好きちょくおです

突然ですが、ヒゲ脱毛に興味がある方は、いらっしゃいますか?

1.青ヒゲが解消できる!

2.若々しく見られる!

3.毎朝のシェービングのストレスから解放!

こんな感じでメリットが多く、頻繁に広告されてますね。

私自身、これらの効果を得るため、

ヒゲ脱毛を2年ほど前から実施しました

かかった費用は25万円以上

ですが、改めて反省すると、半分くらいの金額でできたなぁと思います。

今回はなぜ私が、2倍近くの費用を払うこととなったのか、その失敗談をご紹介します。

 

この記事の結論!

1.継続して通わないと効果が半減!!

2.毛周期を正しく理解すべし!

4.けっきょく10回以上かかるなら、最初からコースで申し込んでおけば良かった

5.蓄熱式と単発式だったら、単発式!という個人的感想

スポンサードサーチ

1.継続して通わないと効果が半減!

まずは、私が受けた施術方法を簡単にご説明します。

施術方法

1.医療用レーザー脱毛(光脱毛ではない)

2.施術ヶ所は顔全体(口周り、喉、ほお、フェイスライン)

3.一回当たり約15,000円

次に施術期間とその費用です。

施術期間&費用

1.2017.1~5月(16,000円×5回=80,000円)

2.2018.1~4月(16,000円×4回=64,000円)

3.2018.9~2019.6月(10回コース、130,000円)

どこが失敗か、何となくおわかりの方もいるかもしれません。

2017.1~5月と2018.1~4月の期間に生まれた

半年以上の空白期間です!

ではなぜこれが失敗だったのか、次の章で説明しましょう。

2.毛周期を正しく理解すべし!

ヒゲの総数は約2~3万本と言われています。

ですが、すべてのヒゲが同じタイミングで伸びるわけではありません。

毛周期について・・・

1.成長期・・・ヒゲが伸びている時期

2.退行期・・・ヒゲが伸びきって成長が止まっている時期

3.休止期・・・ヒゲが伸びずに、毛根に隠れている時期

この3つをループします。

このうち、ヒゲ脱毛のレーザーが反応するのは、1の「成長期」のヒゲのみです。

退行期と休止期には、効果がないのです。

次にそれぞれのサイクルを見てみましょう。

毛周期のサイクル・・・

1.成長期・・・4~12ヶ月サイクル

2.退行期・・・約1ヶ月サイクル

3.休止期・・・約1ヶ月サイクル

成長期が圧倒的に長いですが、

退行期と休止期が少なくとも2ヶ月あります。

つまり何が言いたいかというと・・・

「定期的にレーザーを当てないと、

まんべんなく全てのヒゲが脱毛できない!」

ということです。

私自身の経験でも、

A おお!めっちゃキレイになった!

B あれ?全然キレイにならない・・・

ということが頻繁にありました。

Aのときは、成長期のヒゲにガンガン当たり

Bのときは、退行期&休止期のヒゲが全体的に多かったということになります。

3万本ものヒゲの毛周期に対応するためには、

継続して施術するのが一番効果的!という結論です。

スポンサードサーチ

3.けっきょく10回以上かかるなら、最初からコースで申し込んでおけば良かった

ヒゲ脱毛の施術費用は決して安くありません。

1回15,000円以上と聞くと、まず二の足を踏みます。

私もそうでした(笑)

「できる限り安く済ませたいな・・・」

当時の私もこのように思っていました。

そして、今の自分から当時の自分にメッセージを送るなら、迷わずこう言います。

だまされたと思ってコースにしとけ!

その方が安上がりだから!」

「1年近くかかるから、

とにかく継続して通え!」

この2点です。

そうすれば、10万円ちょっとの金額で済んだと思うと・・・

今でもちょっと後悔しています(笑)

4.蓄熱式と単発式だったら、単発式!という個人的感想

最後に、2種類のレーザー脱毛の方法、どっちが有効?という点です。

まずはそれぞれの方法をおさらいします。

レーザー脱毛の種類とは・・・

1.蓄熱式

広い範囲に弱いレーザーを何回も当てる

②従来の単発式より痛みが少ない

③施術直後も、それほど見た目は変わらない(赤みも出にくい)

2週間くらい経過すると、ヒゲがポロポロ落ちてくる

2.単発式

狭い範囲に強いレーザーを一発当てる

輪ゴムで皮膚をパチン!ってされたみたいな痛み

③施術直後に、抜けているのがちょっとわかるその分赤みも出る

1週間くらい経過すると、ヒゲがポロポロ落ちてくる

ちょっと見にくかったのでまとめましょう。

痛み・・・蓄熱式<単発式

赤み・・・蓄熱式<単発式

施術直後の脱毛した!という実感・・・蓄熱式>単発式

こうやって見ると、蓄熱式の方が肌の負担も少なくて良さそうです

私は、このように施術を受けました。

A 蓄熱式・・・2017.1~5月と2018.1~4月

B 単発式・・・2018.9~2019.6月

それぞれ同じくらいの期間受けています。

で、率直な感想を申し上げますと・・・

蓄熱式でも痛いもんは痛いし、赤くもなる!

ということです(笑)

痛みに耐えられず、施術を受けたクリニックから、

塗る麻酔(2000円ほど)を購入しました。

ただし、

「それでもめっちゃ痛いよ!?」

と思いながら施術を受けていました。

その反面、単発式を受けたときは、

かなり痛いことを覚悟していたので、

それほど痛みは気になりませんでした。

「痛いは嫌だから蓄熱式にしようかな・・・」という方、

これだけ覚えておいてください。

蓄熱式でも痛いものは痛いです(2回目)

「蓄熱式だから痛くないんだ〜♪」と思っていると、

現実とのギャップでより痛く感じる場合すらあります。

効果についても触れましょう。

個人的には「単発式の方が良かったなぁ」と思っています

単発式の方が良かった理由

1.痛みはそれほど変わらない

2.施術直後に脱毛効果がわかりやすく、継続するモチベーションが上がる!

3.クリニックによっては、蓄熱式より単発式の方が安い

特に2の「継続のモチベーション」は大切です。

「せっかく痛みに我慢したのに、効果がわかりにくい・・・

「高いお金を払ったのに、無駄になっちゃいそう・・・

精神論で申し訳ないのですが、

こういった気持ちが施術に運ぶ足を遠くします。

反対に脱毛の効果が目に見え始めると、

施術までが楽しみでワクワクします。

そうすればしめたもの、

痛みすら快感に変わり

毎朝のヒゲソリの時間&ストレスからの解放までまっしぐらです!

この記事のおさらい!

1.ヒゲは3万本もあって、それぞれ毛周期が異なる!

2.無駄なく施術するためには、継続して通うことが一番確実!

3.個人差はあるけれど、10回以上はかかることを覚悟すべし!

4.最初から10回コースにしておいたほうが、振り返ってみてお得だった!

お支払いは分割OK。ひげ脱毛ならゴリラ脱毛

有名なクリニックのリンクを貼り付けておきましたが、

施術する際は計画性をもって、受けることをオススメします!

ちょくお

最後までご覧いただきありがとうございました

ことり

男性向けの話題だったので今回はお休みしてました(笑)

ちょくお

ことりさんファンの方、次回にご期待下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です